ショートパス

危ないときでもすぐ蹴れるショートパスはフットサルで重要です。インサイドキックがパスの基本とはいえ、局面によって緊急避難的にパスを出さないといけないこともあります。特にフットサルを初めて間もないころは体の近くでボールをキープできないため、どうしてもインサイド以外のキックを使うことが多くなってしまう。急いでパスを出す時はトーキックやアウトサイドキックなど、モーションの小さいキックを使ってその場を回避しよう。弱く蹴ると敵にカットされやすくなるので強めに出すのがポイントです。

フットサルの練習では、鳥籠練習があります。

数人で輪になってその中に鬼を二人置きます。輪を作った人たちでパス交換して鬼の二人はボールカットを狙う。カットされてしまったらパスを出した人と其の右または左隣の人が鬼と交代します。ダイレクトで出すべきか否かの状況判断能力の向上やインサイド以外でけるシチュエーションが体得できるので、練習メニューに積極的に取り入れましょう。