ドリブル

ドリブルに慣れないうちは、どうしてもボールにばかり目がいってしまう。これではパスチャンスを逃してしまうし、カットに来た敵の足にもすばやく反応できない。パスやトラップよりもボールが力ラダから離れやすいドリブルでは、ルックアップできることが最低条件。これができて初めて、試合でもドリブルを使ってもいいレベルに到達したといえる。これまでに紹介した ドリブルを、今度はルックアップしながら行ってみよう。

重心を低くしてカラダを 横に出す。曲がるときは 上半身から、とイメージ できればスムーズに方向 転換できる「ボールと一緒に歩く」ように ドリブル。敵は左右どちらに し、ディフェンスを抜く技術では、 敵を抜くには、スキを作り出さなければならない。自分が前にドリブルし、敵がそれに合わせて下がっているなら、突然ピタッ と停止。相手はその動きについてこれずスキができる。もちろん、とっさに左右に方向転換するのも効果的な方法だ。ただし、ボールを動かした後で身体を動かすと簡単に力ツ卜されてしまうので、方向転換は力ラダごとボールを動かすイメー ジで行おう。その上で動き出しがすばやくできれば完璧です。

ドリブルから急停止するのも効果的です。スピードに備えたディフェンスとのギャップができる。 この後敵が近づいてきたら左右にかわせるし、シュートもできる一瞬のスキを突くために ピッチが狭いため、試合でスピードに乗ったドリブルを使う機会は非常に少ないもの。しかし、 ボールを離さすスピードの乗ったドリブルができるということは、身体を安定させたままボールが蹴れ、足がボールの感触を覚えている証拠。今まで以上にフェイクや方向転換もうまくなっているはすだ。そして次は少ない歩数でトップスピードにもっていこう。これができ れば、動き出しの数歩で敵を置きざりにすることもできる。