ループパス

足元のコースをふさがれた状態では、敵の頭を越えるループパスが有効です。しかし、敵が目の前にいるときに出すループパスは精度が低く、成功率も当然、低くなってしまう。ほかにパスできる昧方がいるなら、その人に出した方がいいだろう。ただ、カットに来た足をかわすくら いの低いループパスなら、ボールの下に足を入れるイメージ、でいいので、比較的簡単に出せるはすだ。低い軌道だからといってためらうと弱いパスになる。出すなら積極的に行こう。

蹴り足でキープした状態から そのまま足の親指にボールを上げながらつま先を、 上半身をしっかり安定させボールを後ろに引く を乗せるようにする。

フットサルを始めて間もない人が、サイドからの浮き球、いわゆるセンタリングにあたるボールを蹴っている姿をよく見かけます。 しかしフットサルでは、セットプレー以外ではあまり有効な戦術とはいえません。ピッ チの狭いフットサルでは敵と昧方の距離が近く、センタリングをあげるような状態のとき、ゴール前は密集状態の場合がほとんどです。そこに浮き球のボールを出しても、キーパーにキャッチされカウンター攻撃をくらう場合が多いでしょう。