— Posted in Uncategorized

フットサルとサッカーの違いについて

自分自身が思い切り蹴ったボールがネットに刺さった瞬間はたまらなく気持ちの良いものであるという風に言う人が多いように感じます。フットサルの場合には、ゴールがサッカーよりも小さめに作られておりキーパーなどもいるためディフェンスやキーパーをくぐり抜けてゴールするのは非常に難しいなどという風に言われることも多いわけですが、サッカーよりもコートやゴールが小さいからといって、その喜びは半減することは決してありません。思い切り蹴ったボールがゴールに突き刺さるが、たまらなく気持ちよく爽快感があるのはフットサルも一緒であるという風に言えるでしょう。一点を取るためにチームプレイを行い、連携して、ゴールまでたどり着くという戦略性を備えているのがサッカーであるとするならば、フットサルはそのような戦略性をさらに煮詰めたものであるという風に言っていいかもしれません。それぐらいに、非常に濃い密度で場面が展開していくのがフットサルであるという風に言っていいでしょう、実際、フットサルの場合には少しの油断が一瞬のうちに相手に攻め込まれるという状況を招いてしまいゴールに繋がってしまうというようなケースもあり、一瞬たりとも気を抜けないのがフットサルの特徴であるという風に言っていいのではないかと考えられるわけです。逆に考えると、サッカーとは異なり、相手のコートまでたどり着くのが非常に速く、一瞬の隙を見て相手のゴールを狙うことができるという点も大きな魅力であるというふうに考えられるのではないでしょうか。自分自身がボールを持って一瞬のうちに相手のディフェンスやキーパーを抜き去りゴールを決めた瞬間はたまらなく楽しいものであるという風に言えるかもしれません。