— Posted in Uncategorized

インサイドキックの重要性とコツ

フットサルにおいては、インサイドキックの正確性を向上させることが何よりも、重要で、これが出来ずして、フットサルをすることはできないとも言われることがあるようです。当然のことながら、一人当たりのカバーする面積が非常に狭いフットサルにおいては、相手との距離が非常に近くなってしまうため、気づいたら相手が目の前にいたというようなパターンや、気付かれないまま後ろからボールを取られてしまったなどというようなパターンをしばしば経験することがあると思います。そのような中でなるべく敵に気付かれないようにパスを回したり、相手に近づいてインサイドキックでボールを奪い取ってキープすることなどの動きは、とにかく重要になっていくというふうに考えられるわけです。このような技術を疎かにしてしまうといつか上達する際の壁となってしまうことも気をつけなければならないというふうに言えるでしょう。始めのうちは土踏まずでボールを当てられるように確実に練習を行うことが重要だという風に言えるでしょう。そのような中ではボールを蹴る方の足をボールを蹴りたい方向に向けて90°に開いた状態で行けるということがポイントであるというふうに言えるわけです。このような際に体を傾けてしまったり横に向けてしまうのではなく、せるための方向におへそを向けて置くなどして体の体勢をキープしておくことも重要であるという風に言えるでしょう。そして、フットサルはボールが幾分小さく作られているため、きちんと土踏まずの中心の部分に当てなければ数センチずれて飛び出したボールは、相手に届くまでに数メートルブレてしまうようなこともあるわけですから、注意が必要だという風に言えるのではないでしょうか。この感覚を身につけることが重要であると言えそうです。