— Posted in Uncategorized

オールコートでの守備

オールコートプレスは、前線からディフェンスを仕掛けていく戦術。前線の目安はボールラインからで、それ以上前に出過ぎないよう注意する必要があります。守備の基本となるボールとマークを同一視野に入れておくことが難しくなるため、背後にボールを持っていかれた場合一瞬反応が遅れマークを見失うことが往々して起こりえます。逆に相手のパスコースやドリブルコースを限定させてしまうことができます。前線からマンツーマンでついていくということは、当然自陣の裏には広大なスペースができるリスクも負っています。したがってこのオールコートプレスをかけるかどうか、かけるとしたらいつのタイミングからかという判断が非常に重要となります。一般的には、残り時間が少なくなったシーソーゲームで“勝ちに行く”といった場合によく使われる戦術と考えられていますが、試合時間も短くワンデイのような狭いコートでのゲームで、開始早々から終了まで通してやるのも不可能なことではありません。ただし、条件としてチーム内でプレスをかけられる選手が揃っていることがあげられます。無視して実施した場合、大事な後半で息切れして逆転や大差をつけられてしまうリスクを覚悟してください。繰り返しますが、この戦術では1人が抜かれた場合一気に窮地に追い込まれるということ、4人全員が協力して相手をプレスしていこうという意思疎通を徹底させることが一層求められます。