— Posted in Uncategorized

足裏でのドリブルとコツ

ボールをキープすることの重要な技術の一つとして、足裏でのドリブルがあるというふうに考えられるでしょう。とりわけ、足の親指を意識してボールを撫でるようにして運んでいくことがうまくドリブルをするポイントであるという風に言えそうです。実際のところ、自分自身の歩幅と合わせてボールを運ぶことは実際にやってみると非常に難しく、少しでもボールを強く蹴ってしまったり、弱く蹴ってしまったりすると、歩幅と合わせることが難しくなってしまい、隙が生まれてしまうというふうに考えられるわけです。これを防ぐためになるべく足の親指の付け根あたりから、土踏まずにかけて神経を集中させてボールを撫でるようにして、右と左で交互にキープしておくと、うまくドリブルすることができますし自分の体から遠いところにボールが行かないように、自然とキープをすることができるのもポイントであるというふうに言えるわけです。とにかく、これは数をこなしていくことで感覚的に習得するのが一番である、という風にも考えられるため、自分自身の歩幅とどれくらい一致しているのか、ということを考えながら、進めていくのがポイントであるという風に言っていいのかもしれません。感覚練習と呼ばれるものの多くは、センスがなければできないなどという風にも言われることが多いわけですが、フットサルの場合には、ボールを使う競技であるということがあるため、身体一本で勝負するセンスが試されるような競技では、ないということを考えれば、誰でもきちんと上達するチャンスがあるという点については大きな魅力があるという風に言えるのではないか、と考えられるわけです。もう一つのコツとしては、土踏まずのあたりでドリブルをしようとするとボールに力が伝わりすぎてしまい自分自身で思ってる以上にボールが飛び出してしまう危険性があるため、注意しておく必要があるという風に言えるのではないでしょうか?