— Posted in Uncategorized

左サイド高位置からのキックイン

左サイド高い位置からのキックインがスタートのセットプレー。ポジションの表示は次の通り(敵方も同様です。)①は「ゴレイロ(GOREIRO)」。②は「フィクソ(FIXO)」。③は「右サイドのアラ(ALA DIREITO)」。④は「左サイドのアラ(ALA ESQURDO)」。そして最後の⑤は「ピヴォ(PIVO)」。フットサルでの高い位置からのキックインは、サッカーで言えばコーナーキックやゴール前のフリーキックと同じぐらい大事な得点源となる場面になります。そこでいくつかキックインの時のセットプレーを決めておけば、1試合何度でもコーナーキックや直接フリーキックのチャンスが到来したようなものです。たくさんのパターンがありますが、そのうちここにご紹介するプレーが最もシンプルです。キッカーと同じラインに⑤と③が立つところからスタートします。ボールをセットしたと同時に審判は4秒ルールに従ってカウントを始めます。ここで②はすぐに蹴ってはいけません。審判がカウン卜している間に、⑤が正面の相手にブロックをかけ前に出られないような状態にしたうえで、その背後のスペースを③が通ってキッカーの元に寄り、⑤はブロックをかけたらすぐにファーのポストに走り出します。②は③と近距離のパス受け渡しした後に、ファーの⑤へパスをつなぎます。敵ゴレイロが⑤にパスするのを読まれたと思えば、ニアにシュートを打つのも良いでしょう。その場その場での的確な状況判断が必要であることは言うまでもありません。


Go on, Add your Voice!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です