— Posted in Uncategorized

つま先の使い方とパス

サッカーではつま先を多く使ってプレイをすることが多く、とりわけ力を入れてシュートしたい場合には頭部分を使うことも多いというふうに考えられるわけですが、フットサルではコードが短くボールも飛ばないため、なるべく足の裏でのトラップや足の裏でのシュートを余儀なくされる場面が多いわけです。また、最もベースとなる技術のドリブルにおいてもなるべく足の裏を用いて丁寧なプレーをすることを心がけなければならないわけです。足の裏を上手く使うことができると、味方がどこにいたとしても綺麗にパスすることができるため、プレイの幅を大きく広げられることができるため、プレイヤーとしての基礎技術が大きく向上する可能性を秘めているというふうに言えるわけです。ボールの感覚だったり転がり方を鍛えるのももちろんのことですが、自分自身がなるべく足裏でプレーをするというような間隔を変えず持っておくことが求められているという風に言えるのではないでしょうか。サッカーと同様のポイントとして言えるとすればボールを転がして止めて周囲を確認する lookup を行うというような一連の動作を無意識にすることができるようになれば技術は上達しているという風に言えるでしょう。試合でどんなに切羽詰まった状況だったり相手にボールを取られそうな状況であっても、ボールをキープしている時にはコート全体を見渡すだけの余裕を持っておくと良いという風に言えるのではないでしょうか。これを踏まえておくと常に視線を下げることなく相手を抑えられるように周囲を見渡す力を持っておくことがポイントであるという風に言えるでしょう。そういうような意識の持ち方をしておくと良いでしょう。


Go on, Add your Voice!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です