— Posted in Uncategorized

右サイドCKとゴレイロの参加

右サイドコーナーキックがスタートのセットプレー。ポジションの表示は次の通り(敵方も同様です。)①は「ゴレイロ(GOREIRO)」。②は「フィクソ(FIXO)」。③は「右サイドのアラ(ALA DIREITO)」。④は「左サイドのアラ(ALA ESQURDO)」。そして最後の⑤は「ピヴォ(PIVO)」。ポジショニングは、ファーポストに⑤、その延長上に③。④は右サイドの奥に立ちます。まずボールが蹴られる直前に、③は敵②にブロックをかけにいきます。その背後を⑤が回りこんで、④と同じ高さまで下がります。そして②が④に戻します。④が左横の⑤にパスをして、シュートと見せかけてスルーし、最後に、後ろから上がってきたゴレイロの①がシュートとなります。②はコーナーキックを蹴ったらゴール前に詰めます。同様なコーナーキックからのセットプレーがよくありますが、ラストが①からのパスを⑤がスルーして、上がってきたゴレイロが打つというやや特殊なパターンです。この“ゴレイロがシューターになる”のにはメリットがあります。コーナーキックでは普通は全員自陣まで下がっているので、ボールを取られてカウンターを食らうリスクがそれほど高くありません。しかもゴレイロが上がってくれば、パワープレーのような状況になって相手はマークにいくことができないので、必然的にフリーでいます。ゴレイロにシュート力があれば貴重なオプションの1つになるはずです。もちろんゴレイロが上がるということは、当然リスクとして“ゴールを空ける”ということになるため、パスを受けた後にシュートを打つのを躊躇して、相手にボールを取られて失点、という最悪のパターンがあることを常に頭に入れておく必要があります。ゴレイロは絶対にシュートを打って終わる、というイメージを持ち続けることが大切です。