— Posted in Uncategorized

フットサルの歴史について

フットサルは、あまり実際のところメジャーな印象を与えていない部分はあるかもしれませんが、最近では日本の代表選手などが大きく活躍しており、1970年代などからサロンフットボールなどという呼ばれ方をして、フットサルが少しずつ根付いてきたように感じられます。90年代に入るといよいよプロのクラブチームなどに入団するなど、本格的にプロ選手として活動する人が増えてきた、という風に言えるかもしれません。
最近では、気軽にできるスポーツとしてデパートの屋上や商業施設の屋上などをフットサル場として開放するなどして、練習しているところも多いというふうに聞いたことがあるような気がしました。
このような中で、プロチームもそれに応えるように世界各国の名だたる強豪国とプレイしても負けないような、技術力を身につけてきているということは、間違いなく言えるかもしれません。とりわけ、プロ選手の場合には実際に海外でプレーして、名門チームの技術やインテリジェンスを持ち込み日本の技術力の向上に寄与している部分もあるかもしれません。