— Posted in Uncategorized

日本とフットサル

サッカーとは異なり、あまりにも広大なグラウンドを駆け巡るというようなことはしなくても自分自身のリハビリのためや生涯スポーツとして、フットサルを取り入れる動きが大きくなっているのではないでしょうか。日本でも、大きく取り上げられることが多くなってきたことを考えれば、今後、様々な形でフットサルと触れ合う機会は増えていくのではないか、という風に言い切っても良いのではないか、と考えられそうですし、そうなっていくことを切に願わざるを得ないわけです。 フットサルはこれから誰でも気軽にできるものとしてサッカーとは異なった形で大きく広まっていくことはあるかもしれません。あまりご存じないかもしれませんが、実は、世界の中でもアジアというものはフットサルが大人気である、という風に見られていることが多い、という風に言われています。例えば、いう東アジアのイランなどではフットサルがサッカーと同じように人気を浴びており、プロリーグの発足が他のどの国よりも早かったのはもちろんのこと、アジアの大きな大会では優勝することもしばしばあるアジアの強豪国であるというふうに言えるわけです。