— Posted in Uncategorized

アジアのフットサル

他にも、東南アジアの国などが国を挙げて、フットサル強化に乗り出すなどさまざまな技術力の向上が見込まれているという風に言われているわけです。国を挙げて強化をしているというようなところなどでは、プロ選手が生まれることでトップダウン的にアマチュア選手もそれに倣うような形でプレイを始めるというような構図が多く、サッカーやバスケットボール野球などといったものも、このような図式で人気が出ているケースはしばしばあるという風に言えるかもしれません。
これにならって言えば、フットサルも例えば日本でより人気が出るためには、多くのスポンサーがついたプロチームや、プロ選手などが誕生して寄りメディアなどに露出するなどして様々な場所で活躍をしたり、技術を披露することのできる機会を設けることが止められているという風に言えるという風に言えるでしょう。
日本にとっては、狭い土地を生かすことができるという意味でも、サッカーよりもフットサルがより根付きやすいという風に考えられますし、なるべく多くの人がフットサルに触れるためにも環境を整備していくという考え方をしておく事も、一つ重要なポイントであるという風に言えるかもしれませんね。