— Posted in Uncategorized

フットサルの連携した守備

フットサルの守備はの目的は「ボールを奪う」ことであり、「ボールに寄せる」事とは異なります。「寄せる」ことを手段にして「奪う」ことを容易にします。ボールを奪うにはパスの出るコースを読むことが必要になります。

いかにして奪うかというと味方と連携して相手との距離を保つことが基本になります。ボールを持った選手の体の向きや動きを見て、守る選手はボールを出すであろう選手との距離を詰めるようにしましょう。

また守る選手がとる距離の図り方によって、パスを出させるコースを限定することも可能になります。駆け引きを学ぶことで、連携した守備を完成させることが出来ます。

また一方で相手が技術的に上回っていると個人技によって抜かれてしまう可能性もあります。その際も連携を図ることで守ることができます。重要なのは抜かれた後の「カバーリング」になります。

抜かれた直後の数的な不利な状況を「カバーの役割分担」で解消を図ります。カバーの選手は抜かれた選手の守るエリアやマークの選手に入り、抜かれた選手が戻ってくるまでの時間稼ぎが役割になります。

そのため同時に複数の選手が出てしまいカバーがいない状況を避けます。