— Posted in Uncategorized

スポーツのためのテーピング技術を知ろう

サッカーやフットサルの試合や練習中でのケガを防ぐ対策として、テーピングの役割の正しい知識を身に付けておくことなどをおススメいたします。ケガはスポーツはつきものですが、なるべくであればケガは事前に防ぎたいものです。ケガをした状態でプレーを続行することで、普段は使わないようなムダな筋肉の動きが必要となったり、別の身体部位を痛めてしまったりと、たった1つのケガや故障が、全身の不調につながってしまうようなこともあり得るのです。テーピングはスポーツの練習中にケガをしてしまった際の一時的なサポートとしての役割もありますが、ケガをする以前のケガ予防としても活用ができるのです。テーピングを行うことは、ケガをしてしまった身体部位の機能を補ったり、ケガ予防、さらには身体故障の再発を予防したりするための技術であります。ケガをした部位を保護することで、プレー中の安心感につながりますが、テーピングは治療とは異なりますので、テーピングをしていれば痛みが軽減することを約束するものではありません。テーピングへの過剰な依存にも注意をしなくてはなりません。テーピングの技術をスポーツなどに活用する以前、テーピングに対する正しい知識を学ぶことは、皆さんにとって良きパートナーとなるはずですので、スポーツの楽しい時間を過ごすために是非とも取り入れてみてください。